猫の行動特性

猫は、群れることを嫌い、単独行動を好みます。1万年前に祖先から枝分かれした後も、その行動特性は変わらなかったようです。

自分の身を自分で守り、ひとりで食料を獲得するので、外敵に襲われにくくて獲物を見つけやすい高い場所に隠れます。身一つであるということは、病気や負傷が死に直結しますので、体調管理としてグルーミングで体を清潔に保ちます。また、怪我を避けるために、脅威が迫ったときはボディランゲージで警告を発して相手を近づけないようにします。隠れ家は誰にも気づかれたくないので、排泄物を砂でしっかりと隠して臭いを消す一方、自分の縄張りを主張するときには、逆に排泄物を利用したり爪研ぎをしたりして、マーキングを行います。狩猟本能の塊でもあり、標的を捕らえるための凄まじい身体能力とともに、鋭い爪と犬歯を備えています。

猫と生活を共にすると、このような行動学的特徴が存分に発揮されることがあります。人間にとっては不都合なことでも、猫にとっては普通のこともよくあります。

猫の行動に困った際は、まずは、その行動が猫にとっては普通のことなのか、そうでないのかを立ち止まって考えてみることが、理解の第一歩につながると思います。