神経の話

神経の話
猫のけいれんは、顔から始まることがある(口部顔面自動症)。新着!!

状態の安定していた、てんかんを持つ若い猫が、発作を起こしたと、飼い主から連絡が入った。抗けいれん薬を開始して、6ヶ月ほど経っていた。ずっと落ち着いていたのだが、この2週間で、3~4回、発作が起きているとのことだった。 最 […]

続きを読む
神経の話
振り返るプードル(神経根徴候)。

一日のうちに、何度か突然後ろを振り返って、唸りながら腰のあたりをガジガジと咬む。その行動は、目が覚めている間だけでなく、眠っている時にも起きていた。眠っているのに、急に起き上がって、咬む。診察に訪れたのは、推定5歳のクリ […]

続きを読む
神経の話
高ぶる黒猫(子猫のけいれん‐3‐)

3週間後、発作はまったく見られなくなっていた。念のために手元に置いてもらった併用薬は、一度も使わなかったとのこと。メインの抗けいれん薬だけで安定したようだ。これで、ひとまずは落ち着いた生活を送ることができる。ただし、これ […]

続きを読む
神経の話
震える白い犬(ホワイトシェイカーシンドローム)。

全身の震えは、体が痛そうだと、飼い主は感じるようだ。来院時は、当然、緊張による震えがある。そして、その緊張によって、痛いところがあったとしても、なかなかそれを表現してはくれない。それどころではないという心境だろう。本当に […]

続きを読む
神経の話
高ぶる黒猫(子猫のけいれん‐2‐)。

第一選択の抗けいれん薬の血中濃度が安定するまで、つなぎとして、別の抗けいれん薬を併用して4日。発作は完全に消えた。その間、ときどき点鼻薬を使うことはあったが、そのときの発作は軽かったとのこと。それ以降、発作の完全消失は、 […]

続きを読む
神経の話
高ぶる黒猫(子猫のけいれん‐1‐)。

虹彩の黄色みが強い幼い黒猫は、食後にけいれんを起こすことが多いという主訴で来院した。体格は適正で、診察時の様子に変わったところは見られない。6ヶ月齢未満の猫でけいれんと知って、遺伝性、先天性、感染症といった原因を思い浮か […]

続きを読む
神経の話
犬の認知症は、客観的に評価することができる。

人間同様に、ペットの犬や猫にも認知症(認知機能不全症候群)があることは、飼い主に普通に認識されるようになってきている。ただし、認知症の症状や発症時期は、様々だ。我が家の犬が認知症かもしれないと、どの段階で疑えるかは、飼い […]

続きを読む
神経の話
てんかんを持つ動物とその家族を支えよう(アニマル・パープルデー)。

毎年、3月26日は、「てんかんを持つ動物とその家族を、ひとりぼっちにしない」を合言葉に、動物のてんかんの啓発を行う日と定められている。 てんかんを持つ人間の患者さんは、100人に1人の割合だ。日本では、だいたい100万人 […]

続きを読む
神経の話
脳脊髄液の流れには、柔軟性がある。

脳と脊髄は、ひと続きの構造だ。脊髄をしっぽの方までたどって行くと先細りになる。その表面を覆っている膜は、最終的に糸のようになって、しっぽの骨に繋がれる。こんな形をしている脳と脊髄は、その周りを液体で囲まれている。岩場に根 […]

続きを読む
神経の話
犬の頭痛について考えた。

2013年に発表された、犬の頭痛についての論文を読んでみた。 → https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24033420 犬は、コッカ―スパニエル(5歳、雌)。症状は次の通り。不安な様子 […]

続きを読む