犬猫の問題行動の原因が
脳神経疾患の症状である場合には

行動診療科&脳神経内科で柔軟に対応

当院は、犬猫の問題行動の診療に力を入れていますが、その問題とされる行動が、脳神経の病気の症状であることもあります。また、行動の変化が行動学的な要因なのか、脳神経の病気によるものなのか、どちらであるかをはっきりと区別することが難しいこともあります。例えば、てんかんの犬猫は異常な行動を示すことがありますし、脊髄や髄膜の問題で体に痛みが現れて、行動が変化するなどもあり得ます。

このように、問題行動の原因が、行動学的な要因であるのか脳神経の病気であるのかを決められない場合、どちらにも柔軟に対応できるように、脳神経疾患の内科的管理を行う診療科を設けました。行動診療科で診療を進める中で、脳神経疾患による症状を疑う、あるいは両者を区別することが難しいと考えられる場合は、脳神経内科としても対応いたします。

脳神経疾患の初期診断と内科的管理を行います

脳神経内科は、本来、脳・脊髄・末梢神経・筋肉の病気を診る診療科ですので、そこに含まれる疾患も診療の対象としています。しかし、当院で行うことは、あくまでも初期診断と内科的管理に限定していますので、CTやMRI、電気生理学的検査といった高度な検査機器による診断が必要と判断される場合や、外科手術が適応と考えられる場合には、適切な診療施設をご紹介いたします。

動物の脳神経内科
動物の脳神経内科

問題行動の原因、行動の問題は「行動診療科」、神経の問題は「脳神経内科」

脳神経疾患の疑いがある症状

歩けないふらつくつっぱる傾くひきつけけいれん
麻痺意識がはっきりしない体を痛がるなど

脳神経疾患にはこのような病気があります

脳疾患遺伝性変性性疾患/キアリ様奇形/水頭症/髄膜炎/てんかん(特発性、構造的)/頭部外傷/認知機能不全症候群/脳炎/脳血管障害/脳腫瘍
脊髄疾患外傷性脊髄損傷/くも膜憩室/脊髄炎/脊髄空洞症/脊髄係留症候群/脊髄腫瘍/脊髄軟化症/線維軟骨塞栓症/変性性脊髄症
脊椎疾患環軸椎不安定症/脊椎奇形/脊椎腫瘍/尾側頚部脊椎脊髄症/変形性脊椎症/変性性腰仙椎狭窄症/類皮洞
椎間板疾患椎間板脊椎炎/椎間板ヘルニア
末梢神経疾患外眼筋麻痺/顔面神経麻痺/喉頭麻痺/三叉神経麻痺/前庭障害/難聴
筋疾患運動誘発性虚脱/筋ジストロフィー/重症筋無力症/咀嚼筋筋炎/多発性筋炎/ミオパチー

当院の脳神経内科の役割

ペットの困った行動について脳神経疾患の疑いがある場合に、当院でできる範囲での初期診断を行います。当院の脳神経内科では、主に投薬治療などの内科的管理を行い、診断結果によっては行動治療と並行して対応します。
高度な検査や診断が必要な場合は、外部の診療施設を紹介した後、紹介先の担当医の指示通りに投薬治療を引継ぐなど、当院でアフターフォローを行います。

受診前にお願いしたいこと

ご自宅での症状が分かるように
動画の撮影をお願いします

いつもと違う行動や神経症状の多くは、言葉で表現することがとても難しく、ご自宅での症状が病院では見られないことがほとんどです。そのため、緊急の場合を除いて、その症状をデジタルカメラやスマートフォンなどで動画撮影していただけると助かります。動画は診療する上でとても重要な情報となりますので、可能な範囲でご協力をお願いいたします。

受信前にスマホで撮影
スマホで動画撮影

当院で行う検査

当院では、以下の手順で初期診断を行います。確定診断については、状況によって紹介先の診療施設で行っていただくことがあります。


問診・一般身体検査・歩行解析 

まずは、飼い主様から症状の詳細をお伺いします。その際、動画があれば拝見し、それも参考に診察を進めます。歩行異常の評価と、視診や触診、聴診といった一般的な身体検査を行います。

問診・一般身体検査・歩行解析


神経学的検査・整形外科学的検査

神経学的検査は、脳神経疾患が疑われる際に行う最も基本的で重要な検査です。専用の検査シートに沿って、視診や触診、打診を利用して、病変部位が体のどこにあるのか、進行はどの程度なのかなどを見極めます。特別な機器を必要としませんので、動物への負担が少なくて済みます。
整形外科学的検査も同様に、専用の検査シートに沿って、骨や関節、靭帯の異常がないかどうかを調べます。

神経学的検査・整形外科学的検査

血液検査

全身状態を把握するために行います。また、神経症状は脳神経疾患だけでなく、その他の疾患によっても引き起こされることがありますので、それらを除外する目的もあります。

血液検査

X線検査

推定される病変部位の撮影を行います。骨折や脱臼などの整形外科疾患を除外します。脊椎腫瘍、椎間板脊椎炎、一部の椎間板ヘルニアを検出することができます。

X線検査

追加検査

必要に応じて、尿検査、血圧測定、内分泌系検査を行います。


\ 脳神経に関することを書いています /

コラム
脳神経内科
アニマル・パープルデー
脳神経内科
脳脊髄液循環の新説
脳神経内科
犬の頭痛
脳神経内科
キャバリアの脳脊髄
脳神経内科
「てんかん発作」とは
脳神経内科
犬の「てんかん」