アルファシンドローム

北極圏に位置するクイーン・エリザベス諸島は、あまりにも僻地なため、そこに棲息するホッキョクオオカミは、他の大陸のオオカミと比較して、人間から迫害を受けてこなかった歴史があります。そのため、彼らは人間を恐れることがなく、自然な生態の観察が可能だったそうです。

その生態観察の結果によれば、彼らは両親を中心としてその子どもたちだけの群れを構成し、そこに支配関係が見られないことがわかりました。一方、それ以前に、ホッキョクオオカミとは別のオオカミの社会構造が研究された際に、血縁関係のない個体同士を一堂に集めるという方法をとったときは、雌雄のペアを頂点とする支配構造がつくられたそうです。この場合、集団内でなんとかうまく折り合いをつけるために、オオカミたちはそうせざるを得なかったのだろうと解釈されています。

いずれの場合でも、群れには主である「アルファ」となる個体がいることになりますが、それが前者のように家族を導くリーダーであるのか、あるいは後者のように強権を振るうボスであるのかは、置かれた状況によって変わってくるのかもしれません。これが、犬のしつけをめぐる議論の際に持ち出されるオオカミの生態の話です。

犬は、長い年月を経て家畜化される中で、家畜化症候群やヘテロクロニーといった特徴を持ち合わせているために、そもそも身体的にも精神的にもオオカミとはかけ離れています。家族に迎え入れた時に、犬が「アルファ」として振舞うとは考えにくく、まして人間の方が「アルファ」の役割をする必要もないのではないかと思います。