ヘテロクロニー

動物が成長していくとき、骨や筋肉、内臓などの発達は、普通は一斉に始まって、一定の速度で進行して、そろって完了するという、決まったタイミングとスケジュールがあるように思えるのですが、そこに人間が絡むと実はそうでもないようです。

3万年から1万5千年くらい前、人間と出会って共に生活をするようになった犬では、この成長のタイムスケジュールが変化したらしいのです。つまり、彼らの体の発達は、開始時期が遅れるようになり、ゆっくり進み、そして途中で中断される結果となりました。一方で、性成熟は逆に早まりました。こうして、成犬なのに見た目は幼犬、さらに、心も幼いまま、でも、早熟で、6ヶ月齢くらいで1回目の発情がやって来る体になったようです。

組織や器官の発育が、ある部位では遅くなり、ある部位では早くなる。犬種によって多少の違いはありますが、このような発育のタイミングのズレによって、一貫性のない成長を示すことになりました。この現象を「ヘテロクロニー」と呼びます。

人懐っこさと、無邪気さと、澄み切った瞳。犬の永久的な純粋さは、この現象によるところが大きいようです。