家畜化症候群

イヌ科に属するアカギツネの中に、毛色が変異したギンギツネという種類がいるそうです。このギンギツネを用いた、気質と形態に関する研究があります。人間が近づいても怖がったり攻撃したりしないでいられる、そんな比較的従順性が高いと思われる個体を集めて交配していったら、50年後には、体の形が徐々に変わっていったということです。

垂れ耳、巻き尾、ブチ柄、顔の丸み、短い鼻。それだけでなく、人間が近づくと尾を振り、くんくん鳴き、顔をなめる。そして、仕草や目の動きを通して人間の意図を読み取るようにまでなったそうです。まるで、今私たちの身近にいる犬(イエイヌ)そのものですね。

イエイヌの起源がオオカミであるのかどうかは、どうやらまだまだ議論の余地があるようなのですが、いずれにしてもイエイヌの祖先が人間と出会ったことで、このギンギツネの実験と同じようなことが起こったのではないかと考えられています。

このような身体的・精神的変化をまとめて、「家畜化症候群」と呼ぶそうです。家畜と言うと、牛や豚、鶏などを思い浮かべますが、人間にその繁殖をコントロールされた動物を家畜と呼ぶならば、イエイヌもご多分に漏れず、家畜なのでしょうね。