犬はルーティーンを好む

このコロナ禍で、動物たちの生活や精神状態にも多大な影響が現れています。ステイホームやテレワークで、自宅で過ごす時間が長くなった飼い主さんは多いと思います。それまでの生活とは大きく変わってしまいましたが、その分ペットとのコミュニケーションを取る時間が増えて、良い面もあるようです。一方、特に犬は社会性のある動物ですので、愛着を感じる人の行動の変化に敏感です。家族が家に長くいることに戸惑う犬もいます。

そういった状況に慣れたかと思ったら、今度は緊急事態宣言やまん延防止措置が解除されて、再び家族の人たちが不在となる時間が増える。これもまた犬にとっては不安要素となります。彼らには人間社会のこのような大きな変化は理解ができませんので、とてもストレスになります。

犬はルーティーンが楽な動物なので、そのルーティーンが乱されると、安心感が崩れて、不安行動が現れる原因となります。さらに、今の閉塞感に人間の方が感じる不安感が、ペットの方にも伝わって、拍車をかけることもあります。

私たちにまずできることは、いつも通りを心掛けることです。仕事や学校の都合上、人間の行動が変わってしまうことは仕方ありませんが、せめて気持ちだけは、常に平静を保つことが大切です。