脳脊髄液循環の新説

脳と脊髄はひと続きの構造で、しっぽの方まで脊髄をたどって行くと先細りになり、その表面を覆っている膜が最終的に糸のようになっていて、しっぽの骨に繋がれています。その全周は液体で囲まれており、岩場に根を張った海草のように、水の中をぷかぷかと浮かんでいるような状態となっています。

この脳と脊髄を囲む液体は脳脊髄液と呼ばれ、脳の中の脳室という部位で血液から濾過されるようにして作られます。そして、そこから脳の表面や脊髄の中央や周囲に向かって流れていき、最終的に脳のてっぺんに集まって血管へと戻るという経路をたどります。このように、脳脊髄液の流れの方向性は、これまで一方通行であるとされていました。

近年、この脳脊髄液の循環の常識を覆す、新たな知見が報告されました。前述のように、全体として一定方向の流れがある中で、それとは別に脳脊髄液は脳内のあちこちで作られ、毛細血管やリンパ管からあちこちで吸収され、心臓や呼吸の動きに応じて、脳や脊髄の中で行ったり来たりの動きをしていることがわかりました。その排出経路の一つには、鼻の中に抜ける通路があるとも言われており、匂いを感じる神経である嗅神経を伝って、頭蓋骨の外に出て、鼻の粘膜からリンパ管に吸収されるそうです。

このような脳脊髄液の循環動態の新しい概念の発見によって、水頭症はじめ、脳神経疾患の病態の理解が進むことが期待されています。