犬の頭痛

犬の頭痛について、2013年に発表された論文です。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24033420

コッカ―スパニエル(5歳、雌)に起きた出来事です。症状は次の通り。不安な様子。おとなしい。物陰に隠れる。鳴き続ける。よだれが出る。吐いたりもする。意識ははっきりしているが食欲がなくなる。最初はこれが1年に1~2回だったのが、月に2~3回に増加。可能な範囲で検査をしても原因は特定できず。頭痛かもしれないと考え、頭痛薬を飲ませたら症状が軽くなった。という内容です。

ただし、この犬が「頭が痛い」と言うわけではないので、本当のところはやはりわかりません。現に、検査をして異常所見が得られなかったら、まずは抗てんかん薬を試して、それでも反応がないなら頭痛薬を試してみる。そんな結論となっています。

実際は、「てんかん」との区別が難しいようです。てんかんの犬でも同じような症状が見られることは十分あり得ますので。この論文では脳波の測定をしておらず、また、使われた頭痛薬はてんかんを抑える作用も一部あるので、「てんかん」なのでは?という指摘には、十分な根拠を示して答えることはできないのかもしれませんが、とても興味深い内容の論文だと思いました。