犬の認知症をどう捉えるか

人間同様に、ペットの犬や猫にも認知症(認知機能不全症候群)があることは、飼い主さんに普通に認識されるようになってきています。ただし、認知症の症状や発症時期は様々で、我が家の犬が認知症かもしれないと、どの段階で疑えるかは、飼い主さんによって異なるようです。

わかりやすい認知症の徴候と言えば、部屋の隅で動けなくなる、呼びかけても反応が鈍い、夜中に吠える、といったところでしょうか。でも、突然そうなることはなく、徐々に進行していくので、初期や軽度な段階では、症状がはっきりしないために、なかなか気づけなかったり、いわゆる「老い」として気に留めることがなかったり、ということが多いようです。また、怖がるようになったり、攻撃的になったり、不安感が強くなったりといった、即座に認知症を想起しにくい徴候も認められることもあります。

このような曖昧なケースでは、行動学的な問題や、加齢に伴って現れる様々な疾患の症状の可能性もあり、総合的に見極めていかなければなりません。そして、認知症の徴候が現れるのは、早くて8歳齢頃からだとされており、思いのほか、若いうちに発症することがわかっています。8歳というと、人間で言うところの40代後半です。認知症になるなど、思いもしない年齢ですね。

このように、認知症はいつの間にか発症して緩やかに進行します。これを目ざとく検知するために、認知機能評価シートを使用することが推奨されています。このシートは、認知症の症状を数値化して、軽度、中等度、重度の3段階に分類することができる、スコア表です。来院された犬を、8歳以上を目安に頭の中の認知症のフィルターで引っかけて診察し、疑いが高いようなら、シートを使ってご説明するようにしています。