怖がるプードル

そのプードルは、これまで何度か、体が痛そうとか、震えているとかで来院し、診察や検査をしても、明らかな異常が認められずにいました。

あるとき、どうやら、大きな音がした後や、雷の日、そして、その翌日にそういった症状が見られていたことがわかりました。怖かったのだと思います。怖くて体を固めた様子が、体が痛そうに見え、震えも怖かったから現れた症状のようでした。

「恐怖」、そして、「恐怖症」。これらの用語は、明確な対象について使用します。つまり、大きな音や雷というはっきりとした刺激に対する情動反応です。対策を考えました。まずは、刺激制御。そもそも大きな音を出さないようにする、なるべく音を遮るような、身を隠せる場所を確保する。あわせて、不安感を下げる薬を使いました。

後日、お越しになった際、あれから落ち着いたと伺いました。加えて、いつもは抱かせない人にも抱かれたといった出来事もあったようで、おそらく日常的に感じていた、全般的な不安感も和らげることができたのではないかと思っています。

今後は、抗不安薬を頓服で使用しながら、生活することになります。もちろん、検査で引っかかってこない、骨や関節の疾患や、神経の疾患なども隠れているかもしれないという、不確実な要素を、常に頭の片隅に置きながら。