不安のない診察のために fear free pre-visit pharmaceuticals

「怖がって震えている動物に、なぜ何も対策をせずに処置をするのか。」

アメリカの動物病院では、犬や猫に躊躇なく鎮静剤を使うことが知られています。アメリカでは、大型犬が多く、保定に人員を要することと、動物に優しくというコンセプトが浸透していることがその要因だそうです。日本では小型犬が多く、ある程度動いても保定ができるために、その必要に迫られないからということもありますが、薬が効くまでの待ち時間、鎮静のかかった動物を観察するための人員の確保、飼い主さんへの説明、費用といった壁に阻まれて、早めの段階での鎮静剤の使用は、ほとんど行われていないのが現状です。

デメリットは確かに挙げればたくさんあるのですが、動物は不安感から攻撃的になることがありますので、動物の安全だけでなく、スタッフの安全や、適切な検査や処置ができるなど、薬物の使用のメリットは大きく、それらを優先して鎮静剤や抗不安薬を早めの段階で使用する流れがこの日本にもやって来ています。

高齢ですと、薬の効き方や副作用の現れ方に対して、逆にこちらの不安感が募りますので、手始めに、当院では、普通の診察やトリミングの際に、攻撃的で手が付けられない、若い犬や猫に限定して抗不安薬を使ってみることにしています。実際の使い方は、家を出る2時間ほど前に薬を飲ませてもらって、落ち着いたころに移動を開始していただいています。

来院したときには、不安感は多少和らいでいるような印象があり、処置や検査の際に、逃げようとする行動は見られますが、目つきはなんだか無関心のようで、抵抗が弱い気がします。まだ数例で試しているだけですが、確実にストレスが軽減された様子で、良い感触です。薬の種類や量は、個体差があるので、まだまだ手探り状態ではありますが、何を差し置いても、やはり動物のために、基本として使っていけるようにしていきたいと思っています。