動物の従順性

従順とは、おとなしく、素直で、逆らわない性質や態度のことを言い、自己主張しないとか、他人の言いなりだとか、人間界ではネガティブなニュアンスで使われることのある言葉です。一方、人間以外の動物界ではどうでしょうか。動物での「従順性」とは、「家畜化を通じて、野生動物から野性が取り除かれることにより、家畜で顕著に観察されるようになった性質」を意味するとされています。

「家畜化」とは、「動物の繁殖をコントロールすること」を言い、「家畜」とは、「人間にその繁殖をコントロールされた動物」のことを言いますので、「従順性」は、「人間にその繁殖をコントロールされることで、野性が取り除かれて、動物に観察されるようになった性質」と、言い換えることができます。

この「従順性」には、2つの方向性があります。人間から動物へ。そして、動物から人間へ。人間が接近や接触をしても、それを避けずに受け入れる性質を受動的従順性、人間の方へ自ら接近や接触をしていく性質を能動的従順性と言います。

前述の「家畜化」によって、動物に現れる身体的・精神的変化を「家畜化症候群」と呼びます。「従順性」は、この家畜化症候群のうち、精神的変化の中に含まれます。では、この従順性を成り立たせるメカニズムは何か。2つの説が提唱されています。一つは、「神経堤細胞仮説」、もう一つは、「海馬や偏桃体を含む辺縁系が関与するとする説」です。いずれの説も、受動的従順性を支持する仮説です。つづく。