「てんかん発作」とは

てんかんとは、簡潔に言えば、『いろいろな原因で“てんかん発作”を繰り返す慢性の脳の病気』ということになります。

では、“てんかん発作”とは何か。その前に、そもそも「発作」という用語はどういう意味でしょうか?国際獣医てんかん特別委員会(IVETF)の論文では、以下のように説明されています。

「突発的に生じ、短時間で終息する一過性の、いかなるイベントにも用いることができる用語である。それは必ずしもてんかん性を意味しない。」と。これまた難しい言い回しなので、易しく言い換えると、つまり、「突然起こってすぐ収まること」といった意味になります。そして、この「発作」という用語の適用範囲は、てんかんに限らないとのことです。だから、心臓「発作」とか喘息「発作」とかでも使われるわけですね。

以上を踏まえると、「てんかん発作」とは、「慢性の脳の病気の症状が突然起こってすぐ収まること」。おおむねこんな風に言い換えることができると思います。さて、その「症状」とはどんなものでしょうか。それについてはまた別の機会にお話ししたいと思います。