犬の「てんかん」

国際獣医てんかん特別委員会(IVETF)という組織があり、その組織が、犬の「てんかん」の定義、分類、用語に関する論文を2015年に発表しました。そこに記載されている「てんかん」とは、以下のように定義されています。

『てんかんは、てんかん発作を起こす恒久的な素因によって特徴づけられる脳疾患と定義される。この定義は、たいてい24時間以上あけて少なくとも2回の非誘発性てんかん発作が認められた場合、適用される。』

難しい言い回しですが、言い換えると、「てんかん」とは、『いろいろな原因でてんかん発作を繰り返す慢性の脳の病気』ということになります。

「てんかん」は、“脳の慢性疾患”なんですね。一般的には“全身のけいれん”を思い浮かべる方が多いかと思いますが、「てんかん」には様々な症状があり、それはまた別の機会にご紹介したいと思います。