アニマル・パープルデー

毎年、3月26日は、「てんかんを持つ動物とその家族を、ひとりぼっちにしない」を合言葉に、動物のてんかんの啓発を行う日と定められています。

人の方では、てんかんを持つ患者さんは100人に1人の割合で、日本ではだいたい100万人の患者さんがいるとされています。それ自体は珍しい病気ではないのですが、病気の性質上、なかなか他人に打ち明けられずに悩まれている方が多くいらっしゃるそうです。そこで、そのような、てんかんを持つ患者さんを孤立させないために、毎年3月26日を「パープルデー」と定め、患者さんへの応援メッセージを込めて、世界各国で、紫色のものを身につける取り組みが行われています。

犬や猫でも、てんかんは人と同程度の発症率と考えられており、やはり、珍しくない病気です。てんかんを持つ犬や猫と一緒に暮らしていくために、てんかんに対する正しい知識を持つことが重要であるとして、その啓発の意味を込めて、人の「パープルデー」にちなんで、「アニマル・パープルデー」が設けられました。

飼い主様がペットのてんかんとうまく付き合っていくために、当院もお力になれるように努めていきたいと思っています。